• Naoko Mikami

Takamasu Masako

Updated: May 4

Masako Takamasu is an artist who seeks new possibilities within the frames of Japanese graceful beauty and abstract painting. Born in Hirado, Japan, an island located on the west side of Kyushu, she grew up in a big family. In those days, drawing and painting were the only time when she could really be her true self. The natural scenery around her was always magnificent and limitless, and has influenced her deeply. It now constitutes the core of her painting style. Masako started to produce large size paintings since her junior high school days and was endowed with an opportunity to study colours at a high school in the United States. She continued to explore in the field of fine arts at the Academy of Art University in San Francisco for 5 years. That experience had a great impact on her artistic process. During that period, she created large abstract paintings, up to fifteen feet wide. A tragic incident in her life forced her to go back to Japan after 5 years in the USA, and all her abstract production has since remained in storage, never shown to the public.


Struggling through all those setbacks, but yet looking forward the grasp the meaning of her existence, she continued to study the Japanese graceful beauty and abstract painting and graduated from Kyoto University of Art and Design.





Masako Takamasuは日本の奥ゆかしい美と抽象画の造形性に可能性を見出し絵画制作を続けているアーティストである。

長崎県平戸市に生まれ、大家族という環境で絵を描く時間が。彼女にとって唯一自分でいられる時間であった。ふるさとの原風景は壮大で限りない大きさであり、五感を刺激する圧倒的な存在感を放っており、それは彼女の絵画制作の根底にいつでもあり続ける存在となった。中学時代に入ってからは大きな絵を好んで制作するようになり、高校時代に留学した先のアメリカでは、色を通してコミュニケーションをはかる機会に恵まれ、色のもつ力を知ることとなる。

 これらの経験は後にサンフランシスコに渡り絵画を制作していく過程で大きく影響し、抽象画に圧倒的な影響を受けるのに時間を要さなかったことは言うまでもないだろう。滞在中の5年間で制作した絵画のどれもが抽象画で1mを超えるものばかりで、最大で5mを超える。両親の離婚により帰国を余儀なくされ、その作品を現地で発表することはなかった。家族との離別を乗り越え、自分の存在意義を自問自答する日々の中で、日本に帰国してからあらためて日本の美を再確認することの必要性を感じ、京都の大学で日本の文化や美意識を学ぶことで、日本の奥ゆかしい美のもつ深みと、抽象画の造形性のもつ客観性の中に自己表現の可能性を見出した。

今回は人々の手にとってもらえる絵画を制作した。大きな絵画は個人で所有することが難しいというところを改善したかったからだ。日本の文化の中には華道があるように、花は日本人にとって切っても切れない存在である。花一輪一輪が持つ生命力に圧倒され、それぞれに生命を全うしようとする花の美しさに心を打たれた。花は自分自身への劣等感や罪悪感、ネガティブな感情など一切必要なく、ただその時を生きることの美しさを容易に体現しているように見え、彼女の根底にある自然の圧倒的な存在感が再度刺激されることで、壮大なイマジネーションの一部をキャンバスに落とし込む絵画制作の再開に至ったのである。


#abstract #flower

0 views
  • Facebook

© 2020 by Art Curator Japan

Operated by C Hub JAPAN